武雄の大楠
幹周:20メートル
樹高:30メートル
武雄神社の御神木といわれる大楠である。
樹根の部分に十二畳敷の空洞があり、中に天神様を祀る。
平成元年、環境省による全国巨樹・巨木林調査で、全国第六位の巨木であると発表された。県内でも第二位の巨木であり、武雄を代表する樹のひとつである。

Share This Post

Share on facebook
Share on linkedin
Share on twitter
Share on email

Subscribe To Our Newsletter

Get updates and learn from the best

More To Explore

Related posts: